医療機関によって2段階胚移植の評価は分かれる。

胚盤胞を1個移植したのみでも一卵性双生児が出現することが知られています。

これに加えて初期胚を2個移植したとすれば、理論的に四つ子が生じることもぁり得るわけです。

最近の統計でも、2段階胚移植による妊娠では、双胎以上の発生率が3割を越えると報告されています。

こうした現状ですから、2段階胚移植に対する評価は医療機関によって大きく異なります。

驚異的な移植法とアピールする医療機関があるいっぽうで、多胎を増やすだけの治療だから、これまでもおこなってこなかったし、これからもおこなうつもりは一切ないという医療機関も多くあります。

さらに2段階胚移植において、ショッキングなことが起こりました。

2段階胚移植法によって双子を妊娠した女性が、フォローアップ中に、お腹の赤ちゃんの体の一部が結合している結合胎児であったという報告がなされたのです。

このケースでは、妊娠初期の段階で発見されましたので、中絶という方法がとられました。

このことは、不妊治療にあまりタッチしない新聞でも大きく報道されました。

参考:ベジママ 楽天

結合胎児の発生が、胚盤胞移植一般に起こりうる問題なのか、2段階胚移植特有の問題であるのかは、現時点でははっきりしていませんが、先ほど述べたように、初期胚が子宮内膜に対してシグナルを送るということが事実とすれば、2段階胚移植が結合胎児の発生に関係している可能性は否定できなぃと思います。

この事実を重く受け止めた日本産科婦人科学会では、胚盤胞移植による妊娠、および2段階胚移植による妊娠に対して,その後の追跡調査を現在おこなっています。

IVFLesson9・2段階胚移植では多胎が多い。